Pocket

GoogleAdwordsの管理画面では、独自のメニューと項目を作成することが可能です。
例えば、代理店など運用を代行する会社では、手数料(フィー)込の金額が表示されると便利なケースもあります。

ここでは、[手数料込の費用]及びそれを元に算出した[手数料込のクリック単価][手数料込のコンバージョン単価]の項目を作成します。
また、上記項目を元にしたメニューを作成します。

≪作成方法≫

① [キャンペーン]タグしたの[表示項目]から[表示項目を変更]をクリックします。
 listing_custom_01      

② [カスタマイズした表示項目]をクリックします。
 listing_custom_02

③ [表示項目名]で任意の名前を入力します。
 (ここでは、[費用(手数料込)]と入力します。)
 listing_custom_03

④ [指標を選択]から[掲載結果]-[費用]をクリックします。
 listing_custom_04

⑤ [×](掛ける)のボタンをクリックします。
 listing_custom_05

⑥ [通貨]から[数字(123)]をクリックします。
 listing_custom_06

⑦ [1.2]と入力します。
⑧ [保存]ボタンをクリックします。
 listing_custom_07

※ 表示項目で[費用(手数料込)]が作成されていることを確認します。
  listing_custom_14

⑨ 上記手順の③~⑧の方法で、[手数料込のクリック単価][手数料込のコンバージョン単価]の項目を作成します。
 ■[手数料込のクリック単価]
 listing_custom_12

 ■[コンバージョン単価(手数料込)]
 listing_custom_13

⑩ 作成した項目を上記項目をドラッグ&ドロップで下記の位置に移動し、最初にあった[平均クリック単価][費用][コンバージョン単価]を削除([×]ボタンをクリック)します。
  listing_custom_15

⑪ 左下の[この設定を保存]にチェックを入れ任意の設定名(ここでは[手数料込])を入力します。 
⑫ [適用]ボタンをクリックします。
 listing_custom_08

※ メニューが上記で作成した項目に変わり、数値も手数料込(×1.2)になっていることを確認します。
 listing_custom_16
 

※ [表示項目]をクリックすると[手数料込]のメニューが作成(適用)されていることを確認します。
※ 従来のメニューを表示する際は[カスタム]をクリックすることにより、以前の表示に切り替えることが出来ます。
 listing_custom_11

 

上記は手数料込のデータを表示するという例でしたが、個々のケースに応じたさまざまな設定が可能です。

Pocket