Pocket

Excelで、データに条件を付けて抽出する場合は、オートフィルターを使用することで簡単に抽出することが出来ますが、その条件が複雑になった場合、抽出が出来ないこともあります。

例えば下記のデータを使用して、
「[広告グループ]が[魚]グループの中で表示回数が5,000以上、なおかつクリック率が1%以上のデータ、もしくは[広告グループ]が[鳥]グループの中で表示回数が6,000以上、なおかつクリック率が1.2%以上のデータ」
という条件に合致したデータを抽出しようとした場合、オートフィルター機能では抽出することが出来ません。
 filter_option2_1 
そのような時に使えるのが、オートフィルターオプションです。
上記のデータで条件に合致したデータをオートフィルターオプションを使用して抽出してみます。

操作手順

1.任意の場所に条件を入力する為の欄を作成します。
  filter_option2_2
 (作成する場所はどこでも構いませんが、元データの上に作っておくと、元のデータが絞り込まれた後も、絞り込まれることがない為、便利です。)

2.下記のように条件を入力します。
  filter_option2_3
  ※ 1行に複数の条件を入力することで「AND」条件になります。
  ⇒ 2行目が「[魚]グループの中で表示回数が5,000以上、なおかつクリック率が1%以上のデータ」
    3行目が「[鳥]グループの中で表示回数が6,000以上、なおかつクリック率が1.2%以上のデータ」
    という条件になります。
  ※ 2行に分けて入力することで「OR」条件になります。
    ⇒「2行目の条件もしくは3行目の条件」になります。

3.元のデータの任意のセルを選択します。 
 
4.[データ]メニューの[詳細設定]をクリックします。
  filter_option1_3

5.表示された[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスの[検索条件範囲]をクリックします。
   filter_option2_4

6.上記で設定した条件を範囲指定します。(セル範囲[$A$1:$C$3])
  filter_option2_3

7.[OK]ボタンをクリックします。

 条件に合致したデータを抽出することが出来ました。
  filter_option2_5

 ※ 例えば[表示回数が4,000以上7,000以下]といった1つの項目で複数条件がある場合は条件を下記のように設定します。
  filter_option2_6

このようにフィルターオプション機能を使用することにより、オートフィルターでは出来ない複雑な条件でのデータ抽出が可能になります。

関数、ピボットテーブル、時短のワザなどのExcel講座を実施しています。

 

「仕事で生かす」Excel講座はこちら

Pocket